Studio Displayの新たなファームウェアが公開

    Studio Display

    Studio Display
     
    Appleの高性能ディスプレイStudio Displayの最新ファームウェア「16.4」ベータがリリースされました。

    アップデート内容は不明?

    Studio Displayファームウェアアップデートは、無線で行うことができますが、macOS Ventura 13.3ベータがインストールされているMacに限られます。「システム設定」>「ソフトウェア・アップデート」からファームウェアをインストールすることができます。
     
    なお、Studio Displayのファームウェアアップデートに何が含まれているのかは明らかにされていません。

    さまざまなハードウェア製品のファームウェアがリリース

    Appleは、これまでもAirPodsなどのハードウェア製品のファームウェアアップデートをリリースしてきましたが、最近になってMagSafeデュアル充電パッドや、MagSafe 3ケーブルといった一見ファームウェアが更新できなさそうな製品のファームウェアアップデートをリリースし、話題になっています。
     
    ユーザーの中には、Nano-textureガラス搭載のStudio Displayの掃除の際に使用が奨励されているポリッシングクロスのファームウェアアップデートを待っているという人もいます。
     
    Apple ポリッシングクロス
     
    もちろんですが、布切れの中にソフトウェアが入り込む余地はないため、ファームウェアアップデートがリリースされることはないとみられています。
     
     
    Source:MacRumors
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次