2023年1月25日 16時58分

読了まで 237

マレーシア初のApple Store、開店は2023年10月〜12月か?

The Exchange TRX


 
がマレーシアにおいて、同国初のを開店するために求人を行っているようです。

11の職種で求人

Appleマレーシアの求人ページを見ると、「Apple Retail」としてストアマネージャー、ストアリーダー、テクニカルスペシャリストなど、11の職種で求人が行われています。
 
これらの求人はApple製品を販売するサードパーティーの店舗ではなく、Apple Store向けの求人だと思われます。

東南アジアでApple Storeがあるのはシンガポールとタイのみ

東南アジアで最初にApple Storeがオープンしたのはシンガポールでした。現在、東南アジアでApple Storeがあるのはシンガポール(3店舗)とタイ(2店舗)のみです。
 
マレーシアにApple Storeが出店するとの噂は以前からありましたが、実現していません。Appleはインドなどと同様、公式オンラインストアをマレーシアでも運営していますが、直営店は持っていません。
 
Appleの求人には地名が記されていないため、Apple Store第1号店の場所は不明ですが、首都クアラルンプールとみるのが妥当でしょう。

The Exchange TRX内ならオープンは2023年10月以降に

「ハローマレーシア」は2021年4月、経済誌エッジ・マレーシアからの情報として、Apple Storeのマレーシア1号店が、2022年にクアラルンプールの国際金融地区Tun Razak Exchange(TRX)内の複合開発施設The Exchange TRXにオープンすると報じています。当時の記事では、The Exchange TRXのオープン予定は「2022年」とされていました。
 
しかし2022年12月のlendleaseのプレスリリースによると、The Exchange TRXのオープン予定は年第4四半期(10月〜12月)とのことなので(新型コロナウイルスの影響で延期された可能性あり)、Apple StoreがThe Exchange TRXに入店するのであれば、オープンは2023年10月以降ということになります。

生産拠点としても注目されるマレーシア

マレーシアはAppleの生産拠点としても近年注目を集めています。
 
同国では、一部のMac Studioの組み立てが行われていることがわかっています。以前は、M2/M2 Pro Mac miniの発表とともに販売中止となったM1 Mac miniの一部もマレーシアで生産されていました。
 
そしてアーロン・ゾロ氏のツイートにより、新型M2 Pro Mac miniの一部も、マレーシアで生産されていることが判明しました。
 

 
 
Source:Apple Malaysia via Bloomberg,lendlease,ハローマレーシア
Photo:lendlease
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる