2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Dropbox、macOS 12.5以降に対応するアップデートの展開を拡大

    Dropbox ロゴ

    Dropbox ロゴ
     
    Dropboxは現地時間1月17日、macOS 12.5以降に対応するアップデートの展開を拡大し、2023年5月末までに全ユーザーにアップデートを提供すると発表しました。

    macOS 12.5以降に対応

    macOS 12.5に対応したアップデートをまだ入手できていないDropboxユーザーは、現在から5月末までの間に入手できるようになる見込みです。macOS 12.5に対応するバージョンへの先行アクセスに興味のある人は、現在、ベータ版に参加することができます。
     
    Basic、Plus、Professional、Familyプランのユーザーは、先行リリースをオンにすると、ベータ版を入手するための通知を受け取ることができます。Standard、Advanced、Enterprise、Educationプランのユーザーは、アカウントチームもしくはカスタマーサポートに連絡する必要があるとのことです。
     
    2022年3月にリリースされたmacOS Monterey 12.3において、Appleは、DropboxやOneDriveなどのクラウドストレージサービスが使用するカーネル拡張を非推奨としています。その結果、ユーザーはアップデート後に、DropboxやOneDriveに保存したオンライン専用ファイルをサードパーティアプリで開くことができなくなくなりました。

    開発に遅れも

    Dropboxは以前、2022年3月にベータテスト参加者に向けてMacアプリのアップデート版の展開を開始すると発表していました。その後、8月にパブリックベータ版が2022年の第4四半期(9月〜12月)前半に登場すると発表しています。
     
    開発に予想以上の時間がかかったことは明らかで、一部のユーザーからは不満の声が上がっています。
     
     
    Source:Dropbox via MacRumors
    (m7000)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次