Apple WatchへのTouch ID内蔵サイドボタン搭載に繋がる特許出願

    Apple watch touch ID AH

    Apple watch touch ID AH
     
    米国特許商標庁(USPTO)が現地時間2023年1月17日、Appleが出願した、Apple Watchにモジュラー構造のセンシングシステム(以下、モジュラーセンシングシステム)を搭載する特許を公開しました。
     
    このモジュラーセンシングシステムは、Touch IDや心電図測定機構、音声認識センサーなどの各モジュールを組み合わせて構成することが検討されています。

    指紋認証センサーや心電図測定機構を組み合わせて統合

    Appleが今回出願した特許に記された、Apple Watch向けモジュラーセンシングシステムの構造は、iPad Air(第4世代)などに搭載されているTouch ID内蔵トップボタンに似ているとPatently Appleは説明しています。
     
    Appleは以前もApple WatchへのTouch ID内蔵サイドボタン実現に繋がり得る特許を申請していました。
     
    特許には、モジュラーセンシングシステム(下記図表1Aの110)に組み込むセンサー類として、指紋認証、音声認識、心電図測定機構など(下記図表1B)が想定されています。
     
    USPTO 11556095_1
     
    これらのセンサーで測定した情報は本来の目的以外に、音声出力、触覚フィードバック、ディスプレイへの出力などにも活用されます。

    Touch ID内蔵センシングシステムの概要

    下記図表2Aは、Apple Watchにモジュラーセンシングシステムを組み込んだ状態です。
     
    現在はデジタルクラウンに搭載されている心電図測定機構は、214aに移動しています。
     
    また、214bは指紋認証センサー(Touch ID)として機能します。
     
    USPTO 11556095_2
     
    下記図表3Bは、モジュラーセンシングシステムの構造図で、Patently Appleの指摘通りiPad Air(第4世代)などのTouch ID内蔵トップボタンに似ています。
     
    USPTO 11556095_3
     
    iPad Air 4 touch id
     
     
    Source:USPTO(PDF) via Patently Apple
    Photo:The Verge,Apple Hub/Facebook
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次