2023年1月5日 00時15分

読了まで 22

Apple Watch用の血糖値および血圧測定用光学センサーの特許取得〜仕組みを確認

Apple watch BP TL_1200


 
が現地時間2023年1月3日、米国商標庁(USPTO)において、用の血糖値および血圧測定用光学センサーの特許を取得しました。

光ファイバー干渉計とドップラー血流計で構成

Appleが今回取得した特許に記された、Apple Watch用の血糖値および血圧測定用光学センサーは、光の干渉と散乱を利用するものです。
 
光の干渉を利用した光ファイバー干渉計を用いた血圧測定では、医療用デジタル血圧測定装置と比較しても平均測定誤差が2%未満に収まったと、その有用性をMyHealthyAppleが報告しています。
 
今回の特許に記されたApple Watch用干渉計は、半導体レーザーの発信部と受信部を基板上に作成し、自己混合干渉(SMI:Self Mixing Interferometry)センサーを構成するものです。
 
また、それに加えてドップラー血流計も組み合わせられます。医療用として既に、ドップラー血流計が利用されています。

早ければApple Watch Series 10で血糖値測定可能になると噂

こうした複数の機構を組み合わせてApple Watch用の新型光学センサー(下記図表の1624)を構成することで、同デバイスでは将来的に血糖値、血圧、血流、酸素濃度、心拍数、呼吸数の測定が可能になると、MyHealthyAppleは予想しています。
 
Apple Watch用血糖値測定センサーを開発していると噂の、英Rockley Photonicsの新型センサーの開発が順調に進んだ場合、Apple Watch Series 10で血糖値および血圧測定可能になるとの予想を、Gadgets & Wearablesが伝えていました。
 
Apple patent 11543235
 
 
Source:USPTO(PDF) via MyHealthyApple,レーザードップラー血流計/オメガウェーブ
Photo:Tech Limited(@TechLimitedOne)/Twitter
(FT729)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる