2023年1月4日 07時30分

読了まで 150

iPadをスマートハブ化することへの布石か〜iPad用の新機構搭載カバーの特許取得

iPad HomePod iMac G4 AH_1200


 
が現地時間2023年1月3日、米国商標庁(USPTO)において、iPadの機能を拡張可能なモジュラー式カバーの特許を取得しました。

iPadをスマートハブとして活用することを計画と噂

Appleは、iPadをスマートハブとして活用できるようにする計画を進めており、早ければ2023年には実現する見通しと、米メディアBloombergのマーク・ガーマン記者が伝えていました。
 
Appleが今回取得した特許は、それを実現するためのものかもしれません。

スタンドとモジュール搭載カバーにiPadを組み合わせて使用

特許に記されたiPadの機能を拡張可能なモジュラー式カバー(下記図表1の100および図表6の600)は、Pro Display XDR用スタンドに似たスタンド(106)をベース部分として、クレジットカードリーダー、バーコードリーダー、レーザースキャナー、酸素センサー、空気センサー、光センサー、プリンターなどの各モジュールを組み合わせることが想定されています。
 
これらのモジュールは、電気接点(156および184)を通じて重ね合わせて通信することが可能です。
 
Appleは、iMac G4のようなデザインのディスプレイ付きHomePodを開発しているとの噂がありましたが、今回の特許に記されたデバイスは形態(ベース部=モジュラー部に主な機能を搭載)という点でそれと似ています。
 
USPTO 11543856_1200
 
 
Source:USPTO(PDF) via Patently Apple
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる