2023年1月2日 08時08分

読了まで 27

次世代iPhoneへの双方向充電機能搭載を計画?正確な位置合わせのための特許出願

iPhone AirPods rev charging AD_1200


 
米国商標庁(USPTO)が現地時間2022年12月29日、が出願した、電磁誘導コイルを用いた双方向における正確な位置合わせのための特許を公開しました。Patently Appleは、本特許を活かした双方向ワイヤレス充電機構が将来的にに実装されると予想しています。

長年噂されながら実現しないiPhoneでの双方向充電

iPhone双方向ワイヤレス充電が利用可能になるとの噂はこれまでに何度も伝えられており、関連する特許も出願されています。
 
また、最新のiPhoneには双方向ワイヤレス充電機構が搭載されているiOSが対応していないだけとの指摘もありました。
 
ただし、この機構はMagSafeバッテリーパックに対応するもので、Apple WatchやAirPods充電ケースをワイヤレス充電することを意図したものではないとみられています。

磁力を利用してデバイス間の正確な位置合わせを行おうとする特許

Appleが今回出願した特許は、のようなワイヤレス充電を用いて双方向充電を行う際に、デバイス同士の位置決めを磁力を利用して行うことを説明したものです。
 
特許には、ワイヤレス充電を効率的に行うには、電磁誘導コイル同士の正確な位置合わせが重要と記されています。
 
それを実現するために、電磁誘導コイルの周囲に「デバイス同士の吸着を目的とした磁石」と「デバイス同士の正確な位置合わせのための磁石」の2種類の磁石を配置することが検討されているようです。
 
Rev charging patent_1
 
これらは、磁石(磁力)がN極とS極で、互いに引き合うおよび反発する仕組みを利用します。
 
Rev charging patent_2
 
バッテリー容量の大きなiPad Proにおいて、新型(M2搭載iPad Pro)に切り替わる際にはMagSafe充電に対応するとBloombergのマーク・ガーマン記者が伝えため、双方向ワイヤレス充電が使えるようになると期待されましたが、実現しませんでした。
 
 
Source:USPTO(PDF) via Patently Apple
Photo:Appledsign/Twitter
(FT729)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる