iPad mini 7がA17 Bionicの低クロック版を搭載する可能性も?

    iPad mini 7 AH_1200

    iPad mini 7 AH_1200
     
    Macworldが、2023年末に発売される可能性があると噂のiPad mini 7は、A17 Bionicを搭載すべきと述べています。

    iPad mini 7が早ければ2023年末に発売されると予想

    Macworldは、A17 Bionicを搭載するのがiPad mini 7にとって最高のアップグレードになると伝えています。
     
    アナリストのミンチー・クオ氏はiPad mini 7について、新しいシステム・オン・チップ(SoC)を搭載し、2023年末か2024年第1四半期(1月〜3月)に発売されると予想していました。
     
    同氏は、どのSoCが搭載されるか明言していませんでした。

    iPad mini 6用A15 Bionicは動作周波数が低いと指摘

    iPhone13シリーズと同時に発表されたiPad mini 6には、A15 Bionicが搭載されています。
     
    iPad mini 6に搭載されているA15 Bionicは、iPhone13 Proシリーズが搭載するものよりもRAM容量が2GB少なく(6GB:4GB)、動作周波数が低いと指摘されていました。
     
    iPhone15 ProシリーズにはTSMCの3nmプロセスで製造されるA17 Bionicが搭載されると噂されていますが、iPad mini 7に動作周波数の低いものを搭載することで、A17 Bionic製造工程における歩留まり向上に活かせる可能性があります。
     
     
    Source:Macworld
    Photo:Apple Hub/Facebook
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次