povo2.0、1年に6回線以上の新規契約は事務手数料が有料に〜12月20日から

    povoロゴ

    povoロゴ
     
    KDDIは、格安SIMサービスpovo2.0で、当面の間無料となっていた複数契約時の新規事務手数料を、12月20日から条件付きで有料化すると発表しました。

    1年間6回線以上の新規契約で有料に

    povo2.0はこれまで、回線数に関わらず新規契約時の事務手数料が無料とされてきましたが、12月20日からは、1年に6回線以上新規契約を行った場合など、以下の条件で3,300円の事務手数料が発生します。
     

    新規事務手数料が有料となる条件

    • 2022年12月20日以降に新規契約すること
    • povo2.0の新規契約日から過去1年以内に、同一名義で5回線新規契約していること

    ※新規契約は、au/UQ mobile/povo1.0からpovo2.0へ変更した場合、他社からの乗り換えの場合を含む
     
    条件付きで事務手数料が有料となるのは12月20日以降の新規契約で、すでに契約済みの回線については事務手数料が発生しません。
     
    なお、povo2.0は現在、新規加入者へデータ使い放題(24時間)がもらえるコードを配布しているほか、2023年1月10日までの期間限定で、余ったデータ容量をPontaポイントで還元する「Data to Ponta」を提供しています。
     
     
    Source:povo/重要なお知らせ
    (te7373)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    副業で始めたライターがいつの間にか本業に。iPhone4からiPhone生活をスタート、現在はiPhone14 Pro Max。iPhone、Macを10年以上愛用しています。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次