2022年11月30日 11時14分

読了まで 156

ストアでiPhoneを300台購入した男性、購入直後に襲われる

フリー素材 apple store


 
米ニューヨーク州で28日(現地時間)、を300台購入した男性が、店舗を出た直後に襲われるというが発生しました。

24時間営業のApple Storeで発生

現地メディアが報じたところによれば、ニューヨークのセントラルパーク近くにある五番街の Storeで深夜1時、27歳の男性が購入した大量のiPhoneを強盗に奪われました(同ストアは24時間営業)。
 
主にiPhone13を購入した男性は、商品を3つのバッグに分け、自分の車に向かって歩いていたところ、突然隣に車が停車し、2人の男が飛び掛かってきたそうです。
 
被害者の男性は抵抗しましたが、顔面を殴られ、バッグの1つを奪われてしまいました。中には125台のiPhoneが入っており、およそ95,000ドル(約1,320万円)相当の価値がありました。犯人は現時点で捕まっていません。
 
警察の調べで、男性は自分のビジネスを通して転売することが多く、五番街のでよく購入していたと述べましたが、そうした購入習慣から元々目をつけられていたのかは不明です。また、Appleはこの時ブラックフライデーセールを行っていました。

人も製品も狙われやすい

今回は顧客が標的にされましたが、Apple Storeをターゲットにする強盗はしばしば発生します。
 
大掛かりなものでは、313台ものiPhone Xが前日にApple Storeへ搬入されるタイミングを狙って強奪される事件が2017年に発生しています。この時の被害総額は約37万ドル(約5,120万円)と見積もられています。
 
また日本でも、約100台のiPhoneを購入しようとした「転売ヤー」が強盗に襲われた事件が今年9月に発生しています。
 
 
Source:MacRumors
(kihachi)

カテゴリ : Apple, 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる