iPhone15シリーズがソニー製の新型イメージセンサー搭載と報道

    iPhone15 SONY image sensor AH_1200

    iPhone15 SONY image sensor AH_1200
     
    Nikkei Asiaが、iPhone15シリーズにはソニー製の新型イメージセンサーが搭載されると報じました。

    2層トランジスタ画素積層型CMOSイメージセンサーを搭載か

    Nikkei Asiaによれば、iPhone15シリーズにはソニー製の新型イメージセンサーが搭載されるとのことです。
     
    この最新鋭のイメージセンサーは、従来のイメージセンサーと比べておよそ2倍の飽和信号量を実現しており、低照度下および逆光下での写真画質が向上するとのことです。
     
    ソニーは2021年12月に、国際電子デバイス会議(IEDM:International Electron Devices Meeting)において2層トランジスタ画素積層型CMOSイメージセンサー(2021年12月16日広報発表時点で世界初)を発表していますので、報道内容から、iPhone15シリーズに搭載されるのは同イメージセンサーと予想されます。
     
    SONY new image sensor

    リア望遠カメラにはペリスコープレンズ搭載と噂

    ソニー製の新型イメージセンサーは、リア広角カメラに搭載されるとみられていますが、iPhone15シリーズの全モデルに搭載されるのか、Proシリーズだけになるのかは現時点では不明です。
     
    iPhone15 Pro Maxのリア望遠カメラには、光学10倍ズームが可能なペリスコープレンズが搭載されると噂されています。
     
     
    Source:Nikkei Asia via MacRumors,ソニー
    Photo:Apple Hub/Facebook
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次