2022年11月29日 00時49分

読了まで 224

Apple Watch Ultra用ダイビングアプリ「Oceanic+」が公開

Apple Watch Ultra 「Oceanic+」アプリ


 
は現地時間11月28日、 Ultraをダイビングコンピュータに変えるOceanic+」が同日付けで利用可能になったと発表しました。Huish OutdoorsがAppleと共同開発したアプリで、ダイビングを安全に楽しむための各種機能が利用可能です。

水深40メートルまでのダイビングを安全に楽しむ

Oceanic+」アプリは、Huish OutdoorsがAppleと共同開発したアプリで、Apple Watch Ultraにインストールすると、Apple Watch Ultraの水深計や水温センサーの計測などを利用でき、水深40メートルまでのダイビングを安全に楽しむことができます。
 
Apple Watch Ultra側面の、ユーザーがカスタマイズ可能なアクションボタンに、「Oceanic+」の起動を割り当てておき、ダイビング中にアクションボタンを押すと、コンパス機能を呼び出すことができます。
 
7種類のApple Watch用文字盤コンプリケーションも利用可能です。
 
Apple Watch Ultra 「Oceanic+」アプリ
 

直感的操作にこだわって開発

Huish Outdoorsの製品開発・デザイン担当副社長、アンドレア・シルベストリィ氏は1990年代からダイビングコンピュータの開発に携わってきました。「Oceanic+」アプリの開発にあたり同氏は、Apple Watchユーザーが直感的に操作できるインターフェースにこだわったそうです。
 
Apple Watchがユーザーの手首をタップする機能は、厚さ7ミリのウエットスーツを着ていてもユーザーに振動を感じさせることができます。手首のタップによる通知は、空気中よりも音が反響しやすい水中で、他のユーザーのダイビングコンピュータの警告音と自分のApple Watch Ultraからの警告を判別するのにも有効です。

インストールは無料、全機能の利用は有料

「Oceanic+」アプリは無料でインストールできますが、全機能を利用するには月額1,150円、あるいは年間10,200円のApp内課金が必要です。
 
アプリの利用には、watchOS9.1以降をインストールしたApple Watchと、iOS16.0以降をインストールしたまたはiPod touchが必要です。
 

Oceanic+Oceanic+
カテゴリ:スポーツ
現在の価格: 無料(App内課金あり)

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
 
Huish Outdoorsは、「Oceanic+」アプリを紹介するも公開しています。
 

 
 
Source:Apple
(hato)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる