iPhone14 Proシリーズの人気によりLTPO-OLEDディスプレイ市場拡大

    iPhone14 Pro Max display AH_1200

    iPhone14 Pro Max display AH_1200
     
    Omdiaが、低温多結晶酸化物(LTPO:Low Temperature Polycrystalline Oxide)-有機EL(OLED)ディスプレイは、成長率が低迷するスマートフォン用ディスプレイ市場において出荷枚数が大幅に増加していると報告しました。

    iPhone14 ProとPro Maxが搭載

    LTPO-OLEDディスプレイは、iPhone14 ProおよびiPhone14 Pro Maxが採用しています。
     
    iPhone13 ProシリーズではSamsung Displayだけが供給していたLTPO-OLEDディスプレイですが、iPhone14 ProシリーズではLG Displayも供給しています。

    液晶ディスプレイは出荷枚数が大幅減

    Omdiaは、2022年のスマートフォン用ディスプレイの出荷枚数を、2021年比18%減となる14億2,500万枚になると予測しています。
     
    その内訳として、iPhone14やiPhone14 Plusなどが搭載する低温ポリシリコン(LTPS:Low Temperature Polycrystalline Silicon)-OLEDディスプレイは2021年比19%減の4億4,000万枚、液晶ディスプレイは2021年比836%減になる見通しです。
     
    対して、LTPO-OLEDディスプレイはiPhone14 ProおよびiPhone14 Pro Maxへの高い需要に支えられ、2021年比94%増の1億4,800万枚になるとOmdiaは伝えています。
     
     
    Source:Omdia via IT之家
    Photo:Apple Hub/Facebook
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次