2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    AppleのクックCEO、教育やジョブズ氏から学んだことについてインタビューで回答

    ティム・クック

    ティム・クック
     
    Appleの最高経営責任者(CEO)を務めるティム・クックは、ポッドキャスターでYouTuberのブライアン・トン氏の番組に出演し、公共教育の重要性などについて語りました。

    教育は偉大な平等化装置

    青少年に科学技術のリーダーや革新者となることを奨励する祭典FIRST Inspire 2022に姿を見せたAppleクックCEOは、トン氏のインタビューを受けました。クックCEOは教育がどのように自分の人生を切り開いてきたかを尋ねられると、自分が公立学校の出身であることを明かしました。Appleの経営も含め、クックCEOはこれまで自分がやってきたことはすべて教育が基盤になっていると考えているようです。また、同氏は教育の重要性を強調してくれた両親や教師への感謝の念も語りました。
     
    また、クック氏は教育を「人々の偉大な平等化装置」であり、「すべての人に平等にチャンスを与える」ものだと考えているとも述べました。

    ジョブズ氏から学んだこと

    クックCEOは、Appleの共同創業者のスティーブ・ジョブズ氏から学んだことを聞かれると、「喜びは旅の中にあるということ」と答えました。
     
    クック氏がAppleを率いる上で大切にしていることは、一緒に働く人々を愛すること、お互いを高め合うこと、そして人々の生活を豊かにする素晴らしい仕事をすることだそうです。
     
    インタビューの全編は以下で視聴可能です。
     

     
     
    Source:9to5Mac
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次