2022年11月17日 00時15分

読了まで 158

iPhone14 Proの納期遅延と出荷台数予測〜12月上旬から徐々に回復か

iPhone14 Pro AC 1109 1200


 
新型コロナウイルス感染症流行によるFoxconn鄭州工場の稼働停止により、出荷台数が減少していたiPhone14 ProおよびiPhone14 Pro Maxについて、11月下旬には生産ラインがフル稼働し、出荷台数が増加するとMorgan Stanleyが伝えました。

iPhone14 Proシリーズの出荷台数が300万台減少

Morgan Stanleyは、2022年第4四半期(10月〜12月)のiPhoneの出荷台数が、当初見込みの8,500万台から7,900万台に減少すると予測しています。
 
特に、iPhone14 ProおよびiPhone14 Pro Maxの出荷台数は300万台減少する見込みです。
 
シリーズ別の出荷台数は、iPhone14シリーズが約6,350万台、iPhone13シリーズが約1,150万台、iPhone SE(第3世代)が約200万台、iPhone12シリーズが約150万台、iPhone11シリーズが約50万台になるとの見通しを、Morgan Stanleyは示しています。

延び続けているiPhone14 Proシリーズのお届け予定日

Morgan Stanleyは、Foxconn鄭州工場のiPhone生産ラインは今月末にフル稼働になると述べています。
 
「2週〜3週」まで短縮しながら、今月に入って遅れが目立つようになり、「5週〜6週」に延びているiPhone14 ProおよびiPhone14 Pro Maxのお届け予定日が、12月上旬から徐々に改善されることが期待されます。
 
 
Source:経済日報
Photo:Apple Cycle(@theapplecycle)/Twitter
(FT729)
 
 

カテゴリ : iPhone14 Pro, 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる