2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    watchOS9.2とtvOS16.2のベータ3がデベロッパ向けに公開

    watchos tvos

    watchos tvos
     
    Appleは現地時間11月15日、watchOS9.2ベータ3を開発者向けにリリースしました。watchOS9.2ベータ2の公開から1週間後のリリースとなります。

    新しいホームアプリのアーキテクチャがサポート

    watchOS9.2の最新のアップデートをインストールするには、デベロッパはApple Developer Centerから構成プロファイルをダウンロードする必要があります。
     
    インストール後、watchOS9.2はiPhoneのApple Watch専用アプリから、「一般」>「ソフトウェア・アップデート」でダウンロードすることができます。新しいソフトウェアにアップデートするには、Apple Watchのバッテリー残量が50パーセントあること、デバイスが充電器に設置されていること、そしてペアリングしているiPhoneの範囲内にあることが必要です。
     
    watchOS9.2では、iOS16.2、iPadOS16.2、macOS Venturaにも追加された新しいホームアプリのアーキテクチャのサポートが導入されています。

    Apple TVに新しいSiri音声認識機能が追加

    watchOS9.2と同時に、tvOS16.2ベータ3も開発者向けにリリースされています。こちらも、ベータ2の公開から1週間後のリリースとなっています。
     
    デベロッパは、Xcodeを使ってApple TVにプロファイルをダウンロードすることで、tvOS16.2ベータを入手することができます。
     
    tvOSのアップデートは内部のバグ修正や改良に焦点を当てた小規模なものが多いですが、tvOS16.2アップデートでは注目に値する機能もあります。例えば、新しいHomeアプリのアーキテクチャのサポートが追加され、ホームのセットアップをより高速に、より信頼性の高いやり方で行えるようになった点です。
     
    また、新しいSiri音声認識機能が追加されており、Apple TVが音声で家庭内の各人を認識し、適切なプロファイルに切り替えることができるようになっています。ユーザーの切り替えが簡単に行える音声認識は、家族最大6人まで対応しています。
     
     
    Source:MacRumors (1), (2)
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次