2022年11月13日 23時19分

読了まで 23

Appleのヘッドセット型新製品は2023年発売、OSはすでに開発完了か

Apple View


 
Appleが開発中と噂の、複合現実(MR)/拡張現実(AR)/仮想現実(VR)ヘッドセット型デバイスの価格やスペックについて、Bloombergのマーク・ガーマン記者がニュースレターPower Onで伝えています。

大型新製品、2023年に発売か

Appleが、MR/AR/VR機能を持つヘッドセット型デバイスの開発を進めていると以前から噂されています。
 
Appleはこのヘッドセット型デバイスを「コンピューティングの新時代」をもたらす存在として期待しており、発売は来年になる、とマーク・ガーマン氏は報じています。
 
ヘッドセットには、Macと同等のM2チップが動作し、デバイスの内外に10台以上のカメラと、これまで市販された製品としては最高レベルの解像度を誇るディスプレイを搭載することから、販売価格は2,000ドル〜3,000ドル(約28万円〜41万円)と高額になる見込みです。

FaceTimeやマップが混合現実で動作

ヘッドセットのOSは「realityOS」と呼ばれ、メッセージやFaceTime、マップといったApple純正アプリのMRバージョンが動作するとのことです。
 
「realityOS」の最初のバージョンには「Oak」のコードネームが割り当てられ、内部では2023年のハードウェア発表に向けて開発を終えているとガーマン氏は伝えています。

製品名はReality ProかReality One

ガーマン氏は、Appleのヘッドセットの製品名について、8月に伝えたのと同様に、Appleの商標登録情報から「Reality Pro」または「Reality One」が有力だろう、と述べています。
 
「Reality」という名前は、AppleのAR開発キット「RealityKit」の名称とも共通しています。
 
なおガーマン氏は、発売がだいぶ先になる製品も含めて、同分野で3つのデバイスの開発が進んでいる、と伝えています。
 
 
Source:Power On
Photo:Antonio De Rosa
(hato)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる