Appleの広告代理店、Twitter上での広告を一時的に取りやめるよう奨励


     
    Appleを含める世界的なブランドの代理を務める世界最大級の広告会社Omnicomは、Twitterへの広告掲載を一時停止するよう勧めていることが、内部メモから明らかになりました。

    ブランド安定性に対するリスクは受け入れがたいレベルに

    Omnicomの「Twitter – 継続するブランド安全性に関する懸念」と題されたメモによれば、同社はクライアントにTwitterでの活動を一時停止するよう奨励していることがわかっています。
     
    メモには、Twitterに広告を掲載しているブランドにとって、深刻な影響を及ぼす可能性があり、クライアントのブランド安定性に対するリスクは、ほとんど受け入れがたいレベルにまで急激に高まっている、とあります。

    広告主にとっての問題を列挙

    メモでは、現在のTwitterは広告主にとって、信頼・安全チームの大幅なレイオフ、知名度の高い幹部の辞任、「認証済み」なりすましアカウントの多発が重要な問題として挙げられています。
     
    「当社は、プラットフォームが許容レベルまでセーフガードを再導入し、その環境の制御を取り戻したことを証明できるまで、Twitterでの広告展開を一時停止することをお勧めします」と書かれています。
     
     
    Source:The Verge
    Photo:Apple
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次