2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    プライバシー重視のメッセージングアプリSignalにストーリー機能が追加

    signal

    signal
     
    暗号化されたメッセージングアプリSignalに、Instagramのストーリーのような機能が新たに追加されました。

    テキストを使わずにコミュニケーションを取る方法

    10月からベータテストが行なわれていたSignalストーリー機能ですが、iOSとAndroidの全ユーザーに同機能の提供が始まりました。Signalによれば、メッセージを送らずにコミュニケーションを取れるようにすることが機能の実装目的だそうです。
     

    時には、あなたがとても素敵なコンサートに行ったことを、テキストを使わずに、あなたの片思いの人に伝えたいと思うことがあるでしょう。ストーリーを使えば、新着メッセージの通知を出さずに、自分の生活を特定の人たちと共有することができます。連続した画像や動画で面白いことを言ったり、何がしゃべらなければならないというプレッシャーを感じずに自分の近況を伝えられる場でもあります。

     
    ストーリーは公にシェアすることができ、24時間、他のユーザーが見ることができます。また、自分のストーリーを見ることができる人を制限するオプションも用意されており、個人とグループの会話でストーリーを共有することもできます。ストーリーを見た人のリストはアプリに表示されますが、アプリ設定で受信表示をオフにすることができます。

    Signalではストーリーも暗号化

    Signalストーリーはエンドツーエンドで暗号化されており、ストーリーを見ることができるのは、ユーザーが選択した人だけで、Signalでさえもその内容を見ることはできません。
     
    また、Instagramのような他のプラットフォームとは異なり、Signalではユーザーがストーリー機能を完全にオフにすることができるのも特徴の一つです。
     

    signalSignal – プライベートメッセンジャー
    カテゴリ:ソーシャルネットワーキング
    現在の価格:無料

    ※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
     
     
    Source:9to5Mac
    Photo:Apple
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次