2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Google Pixel 8/8 ProのコードネームとSoCに関するリーク情報

    Google Pixel 8 Pro SK 1200

    Google Pixel 8 Pro SK 1200
     
    WinFutureが、Google Pixel 8とGoogle Pixel 8 Proコードネームとシステム・オン・チップ(SoC)に関する情報を入手したとし、伝えています。

    Google Pixel 8シリーズのコードネーム

    WinFutureによれば、Google Pixel 8コードネームは「Shiba」、とGoogle Pixel 8 Proのコードネームは「Husky」とのことです。
     
    両製品はAndroid 14「Upside Down Cake」を搭載、開発はこれまで通りGoogleとSamsungで行われていると、WinFutureは伝えています。

    SoCやディスプレイ解像度は

    そのため、Google Pixel 8とGoogle Pixel 8 Proに搭載されるSoCも、Exynos 2300ベースになる見通しです。
     
    Tensor G3とも噂されるSoCのコードネームは「Zuma」で、Samsungの5Gモデム「G5300」が組み合わせられるとWinFutureは予想しています。
     
    RAM容量についてWinFutureは、両デバイスともに12GBが搭載され、ディスプレイの解像度はGoogle Pixel 8が2,268 x 1,080、Google Pixel 8 Proが2,822 x 1,344になると述べています。
     
     
    Source:WinFuture
    Photo:Science and Knowledge/YouTube
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次