2022年11月8日 00時39分

読了まで 23

Twitter、解雇した社員に復職を呼びかけ

Twitter


 
は先週、社員の約半数を解雇しました。しかしその後、一旦解雇した社員の一部に対し、復職を呼びかけているようです。

一部元社員に戻るよう呼びかけ

ライターのケイシー・ニュートン氏(@CaseyNewton)が、Twitterの社内向けSNSおよびその他複数のソースから、Twitterが解雇した社員の一部に対し、復職の呼びかけを開始したことがわかった、とツイートしました。
 
Twitter社内で利用されているチャットツールSlackには現地時間11月5日(土)に「週末に申し訳ないが、戻ってくる気持ちがあるなら、再採用の機会があることを辞めた人たちに伝えたい。名前と理由を太平洋時間日曜日の午後4時までにまとめる必要がある」「少し調べることになるが、戻ってきたい人、我々を助けようと思う人と連絡が取れるなら、その人達の名前を明日の4時までに知らせて欲しい」との投稿があった、とニュートン氏は記しています。
 

約3,700人を解雇

米メディアBloombergも、一部の人々は「間違って解雇された」ため、戻ってきて欲しいと連絡を受けたと伝えています。
 
Twitterは11月4日以降、メールによって全社員の半数にのぼる約3,700人の社員に解雇通告を行っています。ほとんどの解雇対象者は、企業のメールやSlackに突然アクセスできなくなってから初めて、自分が解雇されたことを知ったとBloombergは報じています。

 
 
Source:Casey Newton/Twitter, Bloomberg
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる