2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iOS/iPad16のロックダウンモードを設定するとどうなる?設定方法は?

    ロックダウンモード

    ロックダウンモード
     
    AppleはiOS16、iPadOS16およびmacOS Venturaで、ロックダウンモードを導入しました。米メディアMacRumorsが、iOS16とiPadOS16でのロックダウンモードの設定方法と、設定するとどうなるのかを解説しています。
     
    ロックダウンモードの設定方法は以下の通りです。

    ロックダウンモードの設定方法(iPhoneとiPad)

    1. 「設定」アプリを開く。
    2. 下へスクロールして「プライバシーとセキュリティ」をタップする。
    3. 一番下までスクロールし、「セキュリティ」の項目にある「ロックダウンモード」をタップする。
    4. 「ロックダウンモードをオンにする」をタップする。
    5. 「オンにして再起動」をタップし、デバイスのパスコードを入力する。

    ロックダウンモードを設定するとどうなるのか

    ではロックダウンモードを設定するとどうなるのでしょうか。Appleは以下のように説明しています。
     

    • メッセージ – メッセージの添付ファイルは、一部の画像、ビデオ、オーディオを除いてほとんどがブロックされます。リンクやリンクのプレビューなど、一部の機能は使えなくなります。
    • Webブラウズ – 一部の複雑なWeb技術はブロックされます。そのため、一部の Web サイトで読み込みに時間がかかったり、正確に動作しなくなったりすることがあります。また、Webフォントが表示されなくなったり、画像が不明画像を表すアイコンに入れ替わったりする場合もあります。
    • FaceTime – これまでに電話をかけたことのない人や連絡先からFaceTime通話がかかってきた場合は、着信を拒否します。
    • Appleサービス – Appleのサービスへの参加依頼 (ホームAppでのホームの管理への参加依頼など) が届いた場合、これまでにその依頼主にこちらから参加を依頼したことがなければ、その参加依頼はブロックされます。
    • 共有アルバム – 共有アルバムは写真Appから削除され、共有アルバムへの新規の参加依頼はブロックされます。これらの共有アルバムは引き続き、ロックダウンモードが有効になっていないほかのデバイスで閲覧できます。ロックダウンモードを無効にした場合は、デバイスの設定画面であらためて共有アルバムを有効にする必要があります。
    • デバイスの接続 – iPhoneやiPadをアクセサリや別のコンピュータに接続するには、デバイスのロックを解除する必要があります。Appleシリコン搭載のMacノートブックをアクセサリに接続するには、Macのロックを解除し、明示的に承認する必要があります。
    • 構成プロファイル – 構成プロファイルはインストールできません。ロックダウンモード中のデバイスをモバイルデバイス管理に登録したり、監視下に置くことはできません。
    • 通話やプレーンテキストのメッセージは、ロックダウンモードになっている間も引き続き機能します。SOS緊急通話などの緊急機能には、影響はありません。

     
    なおAppleは同社の「セキュリティバウンティ」プログラムに、ロックダウンモードの突破方法の発見者に報奨を与える新たなカテゴリーを追加していることから、同モードのセキュリティは今後さらに強化されると思われます。

     
     
    Source:MacRumors,Apple
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次