2022年10月25日00:15公開 / 2022年10月24日21:50更新

読了まで 153

プラスチック筐体のiPadの開発中止〜目標価格はキーボード同梱で78,800円以下?

iPad smart keyboard


 
Appleはプラスチック製筐体のiPadを開発しており、プラスチック製キーボードを同梱して500ドル以下(78,800円以下)で発売することを計画していたが、この計画は中止されたとMacRumorsが伝えました。

教育市場向けデバイスとして検討されていた模様

MacRumorsはBloombergのマーク・ガーマン記者からの情報として、Appleは500ドル以下の、プラスチック製筐体のiPadプラスチック製キーボードのセットを発売する計画があったと伝えています。
 
このセットは主に教育市場向けとして検討されたもので、Chromebookの対抗商品を想定していたようです。
 
500ドル相当のiPadとして海外では、iPad miniが499ドル〜で販売されています。同モデルの日本での販売価格は、税込78,800円〜です。
 
また、iPadの最安モデルはiPad(第9世代)で、海外での販売価格は329ドル〜、日本での販売価格は税込49,800円〜です。

現行モデルにキーボードを組み合わせた価格と比較

iPad(第9世代)用Smart Keyboardは税込24,800円〜ですので、本体とあわせた合計価格は税込74,600円です。
 
Appleが開発していたプラスチック製筐体のiPadとプラスチック製キーボードがどのようなものだったのかは不明ですが、Magic Keyboard Folio(税込38,300円〜)やMagic Keyboard(税込44,800円〜)相当のキーボードでなかったのならば、500ドル以下(78,800円以下)の価格はそれほど魅力的とは思えません。
 
 
Source:MacRumors
Photo:Apple
(FT729)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる