Thunderbolt 5で8Kディスプレイのデュアル接続がMacで可能に

    thunderbolt 5

    thunderbolt 5
     
    Intelは現地時間10月19日、初期プロトタイプに基づく次世代Thunderboltのスペックを発表しました。2023年以降に発売される同規格に準拠したMacモデルで、超高速データ転送速度と外部ディスプレイ対応の向上が実現することが明らかになりました。

    データ転送はThunderbolt 4の最大2倍高速化

    次世代Thunderboltは、双方向に最大80Gbpsの帯域幅を提供し、次期Macと同規格に対応する外付けストレージドライブ間のデータ転送速度を、現在の速度に比べて最大2倍高速化することが可能になります。また、次世代Thunderboltは、外部ディスプレイ向けに最大120Gbpsの帯域幅を実現するモードを搭載し、Macの60Hzでの最大2台の8Kディスプレイサポートを実現します。

    最新MacBook Proは6Kで2台の外部ディスプレイに出力可能

    最新14インチおよび16インチMacBook Proモデルには、双方向で最大40Gbpsの帯域幅を持つThunderbolt 4/USB4ポートが搭載されています。
     
    現在8KディスプレイをプラグアンドプレイでサポートするMacはありませんが、最新MacBook ProのM1 ProチップまたはM1 Maxチップ搭載モデルは6K 60Hzで最大2台または3台の外部ディスプレイ接続が可能となっています。
     
    次世代Thunderboltの正式名称、機能、性能の詳細はまだ明かされておらず、来年発表予定となっています。
     
     
    Source:Intel via MacRumors
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次