Windows 12のUIはmacOSのまね?上部にメニュー、タスクバーが宙に浮かぶ

    次期Windowsのアイデア

    次期Windowsのアイデア
     
    先日のイベントでMicrosoftはiCloudの写真のWindowsフォトアプリの統合や、Windows版Apple MusicアプリとApple TVアプリのリリースを発表しましたが、次期Windowsのデザイン案もチラ見せしていました。
     
    既視感のあるそのデザインは、WindowsがよりmacOSに近づいたように見えます。

    Windows 12は上部にメニュー、タスクバーはフローティング?

    Microsoftが先日おこなわれたイベント「Ignite 2022」において、次期WindowsのUIをチラ見せしました。
     
    そこには上部にメニュー、タスクバーがフローティングという新しいデザインが示されています。
     
    Windows 12のUI
     
    タスクバーの見た目はmacOSのDockにかなり近く、右上の日時やWi-Fiの電波強度、バッテリー残量表示はmacOSと同一です。
     
    WindowsはmacOSのまねばかりしていると揶揄されることがよくありますが、Windows 12ではその傾向がさらに強まるのかもしれません。

    Windows 12は2024年に登場?

    MicrosoftはWindowsのメジャーアップデートを3年ごとにおこなうといわれており、これが正しいとするとWindows 12は2024年に登場することになります。
     
    今回示されたUIはプロトタイプに過ぎず、Windows 12でそのまま採用されるとは限りません。
     
    MicrosoftはこのイベントにおいてWindows 11のフォトアプリへのiCloud写真の統合や、Windows向けのApple MusicアプリおよびApple TVアプリのリリースを予告しています。

     
     
    Source: Windows Central via Neowin
    (ハウザー)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次