Apple、「Safari Technology Preview 155」を公開

    Safari Technology Preview

    Safari Technology Preview
     
    Appleは現地時間10月5日、Safari Technology Preview 155をリリースしました。

    Safari Technology Preview 155が公開

    Safari Technology Preview 155には、Webインスペクター、CSS、レンダリング、JavaScript、メディア、Scroll To Text Fragment、Web API、ローディング、WebDriverに関するバグ修正とパフォーマンスの改善が含まれています。
     
    現在リリースされているSafari Technology Previewは、Safari16アップデートに基づいて構成されており、テキストの認識表示(Live Text)やパスキー、Safari機能拡張の改善など、macOS Venturaで搭載される機能のサポートが含まれています。
     
    Safari Technology Preview 155は、macOS Venturaを搭載したマシンと互換性があるものの、macOS Big Surでは動作しません。
     
    最新バージョンは、旧ブラウザを使用しているユーザーであれば、システム環境の「ソフトウェア・アップデート」より入手可能です。なお、Safari Technology Previewは開発者向けに設計されているものの、ダウンロードに開発者アカウントは必要ありません。
     
     
    Source:Apple via MacRumors
    (m7000)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次