2022年9月29日 16時55分

読了まで 21

一部のApple Watch Ultraユーザー、ゼリースクロール現象を報告

apple watch ultra


 
デバイスをスクロールした際に、画面上部が画面下部よりも若干遅れてアップデートされることでが揺れているように感じられる通称「ゼリースクロール現象」が、 Watch Ultraにも起こっていると伝えられています。

具体的な解決策はなし?

フランスメディアiPhoneSoftは現地時間9月28日、ゼリースクロール現象に関する記事を公開しました。ゼリースクロール現象は、もともと第6世代iPad miniの発売時に報告されたもので、iPad AirやApple Watchでも生じるとされていました。
 
同メディアは、Apple Watch Ultraのゼリースクロール現象を捉えた映像を共有しています。
 


 
iPad mini 6でゼリースクロール現象が報告されたとき、Appleは「LCDの正常動作」と説明し、特に何も行なわなかったことから、今回のApple Watch Ultraのゼリースクロール現象に関しても同様の態度を貫くとみられています。
 
Apple Watch Ultraでディスプレイのがこれまでよりも多くのユーザーから報告されている理由として、ディスプレイ自体がより大きくなり明るくなったため、標準のApple Watchよりも気づきやすくなったのではないか、と米メディア9to5Macはコメントしています。ただし、Apple Watch UltraにはLCDではなくOLEDが採用されていることに留意する必要があります。
 
 
Source:iPhoneSoft via 9to5Mac
Photo:Apple
(lexi)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる