トップページ > iPad mini > 新型iPad miniの“ゼリースクロール”現象はLCDの正常動作とAppleが主張
2021年9月29日 04時09分

読了まで 146

新型iPad miniの“ゼリースクロール”現象はLCDの正常動作とAppleが主張

iPad mini(第6世代) AppleEvent 2021年9月


 
iPad mini(第6世代)に生じるとされる、画面の片方のリフレッシュがもう片方よりも遅いことで、画面が揺れているように見える問題について、Appleが公式見解を発表しました。
 
【2021/9/30 18:50追記】“ゼリースクロール”現象について、Apple製品の分解レポートなどで知られるiFixitは、iPad mini(第6世代)の内部構造に問題があると指摘しています。

「正常な動作」とAppleが回答

iPad mini(第6世代)をポートレート状態で持つと、画面の右側が左側よりもリフレッシュが速く、逆さまにすると左側が右側よりも速くリフレッシュされる問題が報告されていましたが、テックメディアArs Technicaに対してAppleの見解が届いたようです。
 
Appleによれば、通称“ゼリースクロール”現象は、液晶ディスプレイの正常な動作であるとのことです。
 

液晶画面は1行ごとに更新されるため、画面上部の行と下部の行が更新されるまでにわずかな遅延が発生します。そのため、今回のiPadのようなスクロールのむらが発生することがあります。

 
Appleがこの問題を正常の動作であると考えているということは、ゼリースクロール現象に不満があってもデバイスの交換を受け付けてもらえない可能性が高い、と米メディアMacRumorsはコメントしています。
 
 
Source:Ars Technica via MacRumors
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる