2022年9月28日 06時48分

読了まで 22

開発者がアップデートを放棄したAndroidアプリ増加が問題に

google play


 
アップデートされずに放置されているAndroidアプリが近年増加しており、ユーザーを危険にさらしています。

App Storeでは減少したが

Pixalateが新たに発表したデータによると、Androidアプリがデベロッパーによってアップデートされないまま放棄されるが近年目立っています。
 
放棄されたアプリの定義は2年以上更新されていないもので、ダウンロードできるアプリ総数で上位12カ国が対象となっています。
 
2022年第1四半期(1月〜3月)から2022年第2四半期(4月〜6月)において、 Playで放置されたアプリは、96万7,000個から110万個へと約16%増加しました。一方でApp Storeでは、72万4,000個から51万5,000個へと約29%減少しました。
 
pixalate アプリ 放棄 比較
 
また過去6カ月間で、では更新されたアプリ(30%)よりも、放棄の定義に含まれるアプリ(32%)の方が多かったことも分かりました。

放棄アプリに厳しいApple

Google Playとは対照的に、対象となったアプリがApp Storeで減少している原因の一つは、同社が2022年4月、「相当」長い間アップデートが行われていないアプリをApp Storeから削除すると警告を発したことが大きく関係していそうです。
 
これによって、数千個のアプリが削除されたと考えられ、その厳しさについては、単に安定していたからアップデートしなかったアプリまで削除されたと、一部のデベロッパーが苦情を漏らすほどでした。
 
アップデートが放棄されたアプリは、最新のOSに適合しない場合があるだけでなく、セキュリティ低下のリスクも高まるため、ユーザーを危険にさらす恐れがあります。事実、Pixalateによると、放棄されたアプリの23%がプライバシーポリシーを守っていない状態なのだそうです。
 
 
Source:AppleInsider,Pixalate
(kihachi)

カテゴリ : Android, 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる