Apple、一定期間アップデートされていないアプリの削除基準を明確に記載 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Apple、一定期間アップデートされていないアプリの削除基準を明確に記載
2022年4月30日 16時19分

読了まで 156

Apple、一定期間アップデートされていないアプリの削除基準を明確に記載

app store


 
2年間アップデートしていなかったアプリの削除勧告がAppleから届いたと、App Storeのポリシーに対して批判が集まっていましたが、Appleは開発者サイトでアプリの削除基準を再度わかりやすく記載しています。

新方針は2016年から施行

意図したとおりに機能しなくなったアプリ、現在の審査ガイドラインに従っていないアプリ、または古くなったアプリを削除する「App Store改善」は、2016年から施行されており、過去6年間で約280万個のアプリが削除されたそうです。
 
削除基準としては、過去3年以内にアップデートされておらず最小ダウンロード数(12カ月間に全くダウンロードされなかったか、極めて少ない)の基準を満たさないアプリの開発者に、App Storeから削除される可能性があることを通知するメールが送信されるとのことです。
 
“不要”なアプリをストアから削除することで、自分のニーズに合った優れたアプリをより簡単に見つけることができるようになり、ユーザーの安全性とセキュリティの向上につながり、最新のスクリーンサイズ、SDK、API、そしてiOS、iPadOS、macOSで提供されるその他すべての機能に適合するようにアプリを最新の状態に保つことで、素晴らしいユーザー体験をもたらす、とAppleは方針の必要性を強調しています。

一度削除されても訴えることが可能

開発者サイトには、もしアプリが削除されてしまったとしても、決定を不服としてAppleに削除を再考するよう訴えることができる、とも記載されています。
 
また、必要に応じてアプリの最大90日間のアプリのアップデート期間が与えられるようになっています。なお、ダウンロード済みのアプリは問題なく機能し続けるため、心配する必要はないとのことです。
 
 
Source:Apple via 9to5Mac
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる