iPhone14(128GB)の価格、日本がアメリカを抜き世界最安に

    Apple iPhone14

    Apple iPhone14
     
    iPhone14の販売価格を国際比較すると、急激に進行した円安の影響により、日本の販売価格がアメリカよりも安くなったことが分かりました。

    iPhone14(128GB)の価格、日本が最安に

    2022年9月22日午後3時17分時点の為替レートで世界37の国・地域のAppleオンラインストアにおけるiPhone14シリーズの販売価格を円換算して比較したところ、iPhone14(128GBモデル)の販売価格がアメリカを下回って世界最安になったことがわかった、と各種ガジェットの国際価格比較情報サイトのnukeni.comが発表しました。
     
    以下が、日本が最安となったiPhone14(128GBモデル)の販売価格です。アメリカとカナダは購入場所により税率が異なるため、税が最も安い場所と高い場所の2つの価格が掲載されています。
     
    iPhone14 価格比較
     

    実はすでに世界最安だった日本

    nukeni.comは先日、発表直後のiPhone14シリーズの価格を国際比較し、日本の販売価格はアメリカに次いで世界2番目に安いと発表していました。
     
    しかし、世界で最も安いとされているアメリカは全50州のうち消費税非課税の4州のみであり、全米の平均消費税率の約10%を加味して製品発表当時の為替レート(1ドル144円)で比較すると、iPhone14(128GB)の税込価格は、日本の119,800円に対して全米平均は131,313円と、日本の方が10,000円以上安く、発表時点で日本が世界最安だったことになります。

    Apple、7月の製品に続き10月にはアプリも値上げ

    Appleは、円安の進行への対応として2022年7月にiPhoneをはじめとする製品の販売価格を引き上げています。
     
    10月からは、App Storeにおけるアプリとアプリ内課金の価格を見直し、約30%の値上げを行うことも発表しています。
     
     
    Source:Nukeni
    Photo:Apple
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次