iOS16はiOS15よりも人気〜正式版リリースから9日後で約4分の1がインストール

    iOS16

    iOS16
     
    分析会社Mixpanelのデータによれば、iPhoneユーザーは昨年のiOS15よりも速いペースでiOS16をインストールしているとのことです。正式版のリリースから9日後のiOS16のインストール率は推定23.26%とされています。

    刷新されたロック画面が人気の要因か

    2021年の発売から10日後、iOS15はわずか19.3%のデバイスにインストールされるにとどまりました。当時、iPhone所有者は初期のバグのためにアップグレードに消極的だったようです。iOS16は、視覚的な変化が導入されたことで、より魅力的になったのかもしれません。
     
    ios16
     
    ロック画面のウィジェットだけでなく、これまでよりもずっとカスタマイズしやすいようにロック画面エクスペリエンスが再設計されています。また、iOS16にはメッセージの編集や送信の取り消しなどの便利な機能が含まれており、アップグレードを促した可能性もあります。

    今のところiOS15を維持することも可能

    Appleは現時点では、iOS15のままにしたいというユーザー向けにセキュリティアップデートを提供し続けており、必ずしもiOS16にアップデートしなければならないというわけではありません。
     
    AppleはiOS15のリリース時にも同じ方策をとっており、アップデート開始後約4カ月間、iOS14のままアップデートしなくてもいいようにしています。
     
     
    Source:Mixpanel via MacRumors
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次