Apple、ロボットアームを使って撮影したiPhone14の動画広告を公開

    iphone14 plus

    iphone14 plus
     
    AppleはiPhone14iPhone14 Plusを紹介する新たな動画広告「ビッグとビガー(Big and Bigger)」を公開しました。動画の撮影舞台裏動画もサードパーティーにより公開されており、ロボットアームを使用して撮影が行われたことがわかりました。

    サイズだけでなくアップグレード内容も大きい?

    Appleは動画について、下記のように説明しています。
     

    iPhone14iPhone14 Plusをご紹介します。ビッグ(6.1インチ)とビガー(6.7インチ)の2つの大きなサイズです。オートフォーカスを搭載した新しいフロントカメラと、より進化したデュアルカメラシステムで、さらに美しい写真を撮影できます。アクションモードで、動画撮影はさらになめらかになりました。iPhone14のバッテリー駆動時間は一日中持ち、そしてiPhone14 Plusでは、これまでで最長のバッテリー駆動時間を実現しました。圧倒的な速さを持つA15 Bionicチップ、そして、あなたが使うことのないようにと願っている、2つの画期的な新しい安全機能、衝突事故検出と衛星経由の緊急SOSを搭載しています。そのすべてが、美しい5つのカラーでご利用いただけます。これは大きい

     

    撮影舞台裏のシーンが公開

    iPhone14/iPhone14 Plusの新たな動画広告には、1つのデバイスと別のデバイスとの間でフォーカスが素早い動きで変えられる瞬間があり、一見特殊効果で作られたかのように見えますが、実はすべてロボットアームを使って撮影されていることが明らかになりました。
     


     
    アングルとテーマに関しては、1998年のシリアルの広告からインスパイアされているのではないか、とあるユーザーが画像を投稿しています。
     


     
     
    Source:9to5Mac
    (lexi)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次