iPhone14シリーズのRAM容量は全モデル共通の6GBと判明 - iPhone Mania
トップページ > iPhone14 > iPhone14シリーズのRAM容量は全モデル共通の6GBと判明
2022年9月8日 23時35分

読了まで 229

iPhone14シリーズのRAM容量は全モデル共通の6GBと判明

iPhone14シリーズ


 
iPhone14シリーズは、4モデルともRAM容量が6GBであることがXcode 14の最新ベータバージョンから分かりました。iPhone13シリーズでは、iPhone13とiPhone13 ProでRAM容量に差がつけられていました。

RAM容量で差別化はなし

iPhone14シリーズのうち、スタンダードモデルのiPhone14/iPhone14 PlusとハイエンドモデルのiPhone14 Pro/iPhone14 Pro Maxは、搭載するプロセッサ、最大ストレージ容量、カメラにおいて差がつけられています。
 
しかし、iPhone14シリーズのRAM容量は全モデルとも6GBで共通していることが、Xcode 14の最新ベータから分かった、と米メディアMacRumorsが報じています。
 
Xcodeのベータからはこれまでも、iPhoneシリーズの正確なRAM容量が発売前に判明しています。

iPhone13シリーズでは4GBと6GBで差別化

iPhone13シリーズでは、iPhone13 miniとiPhone13には4GB、iPhone13 ProとiPhone13 Pro Maxには6GBのRAMが搭載されていました。
 
iPhone13/iPhone13 miniとiPhone14/iPhone14 Plusを比較すると、RAM容量は50%も増加したことになります。

LPDDR5/LPDDR4Xの違いは不明

2022年3月には、著名アナリストのミンチー・クオ氏が、iPhone14シリーズのRAMについて、iPhone14はLPDDR4X、iPhone14 Proはより高速なLPDDR5を搭載するとの予測を発表していました
 
しかし、Xcode 14のベータからはRAMの容量が確認できるものの、RAMの種類までは確認できません。

プロセッサはA15とA16で差別化

iPhone14シリーズのプロセッサは、iPhone14とiPhone14 Plusは5コアGPUのA15 Bionic(iPhone13 Proと同じ)、iPhone14 ProとiPhone14 Pro Maxが最新のA16 Bionicを搭載しています。
 
iPhone14 Pro/iPhone14 Pro Maxに搭載されているA16 BionicのGeekbench 5スコアも報告されています。

予約受付は9月9日午後9時から

iPhone14シリーズは、日本時間9月9日の午後9時に予約受付が開始され、iPhone14、iPhone14 Pro、iPhone14 Pro Maxは9月16日に、iPhone14 Plusは10月7日に販売が開始されます。

 
 
Source:MacRumors
(hato)

 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる