2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    誤ってトイレに流してしまったAirPods、Appleマップで現在地を確認中

    airpods_toilet

    airpods_toilet
     
    AirPodsの片一方をトイレで流してしまい、パイプの中を動いていくのをAppleマップで見ている、との投稿がミームと化した模様です。

    パイプの中を移動するAirPodsを想像する人々

    `eli氏(@sakoorku)は、「AirPodsを誤ってトイレに流してしまったので、Appleマップでパイプの中を移動しているところを見ています」とTwitterに投稿しました。なぜか非常に多くのいいねが入っており、その数は40万をもうすぐ超えそうです(6日16時現在)。
     


     
    「その痛みがわかる」と、AirPodsの左右が大陸間を挟んで離れてしまっている様子を投稿する人がいます。
     


     
    「これがそのAirPods」と、猫がダクトの中を流されていく動画で返答する人もいます。
     


     
    下水道にAirPodsの片方を流してしまい、取り戻せなくなった、とスクリーンショットで似たような窮状を訴える人もいます。
     


     
    AirPodsをトイレに落としてしまうのは悪夢ですが、パイプの中を流れていくAirPodsを追跡するという行為が、なぜが多くの人々の想像をかきてているようです。
     
     
    Source:@sakoorku/Twitter
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次