Huawei Mate 50 Proは4G版SD8+G1と5G通信ケースの構成? - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Huawei Mate 50 Proは4G版SD8+G1と5G通信ケースの構成?
2022年9月6日 07時58分

読了まで 214

Huawei Mate 50 Proは4G版SD8+G1と5G通信ケースの構成?

Huawei Mate 50の画像


 
Huaweiが9月6日に発表を予定しているMate 50 Proには、4G通信専用のSnapdragon 8+ Gen 1が搭載されるという情報が出てきました
 
5G通信についてはシステム・オン・チップ(SoC)ではなくケースで対応するようです。

4G通信専用版のSnapdragon 8+ Gen 1を搭載するMate 50 Pro

Digital Chat Station氏はWeibo上に、Huawei Mate 50 ProのものとされるスマートフォンのGeekbenchスコアを投稿しました。
 
Huawei Mate 50 ProのGeekbench
 
このベンチマーク結果に記載されているCPUコアの動作周波数や構成はQualcommのSnapdragon 8+ Gen 1のものと一致しています。
 
別の情報ではオーバークロック版のSnapdragon 888を搭載するともされていますが、いずれにせよMate 50 Proの性能がほかのフラッグシップAndroidスマートフォンと同等であることは間違いないでしょう。
 
ただ、Huaweiに対するアメリカの制裁が解除されていないことから、5G通信に対応しない4G通信専用のSoCが搭載されると考えられます
 
Mate 50シリーズは、Mate 50、Mate 50e、Mate 50 Pro、Mate 50 RS Editionの4モデル構成とされており、Mate 50eにはSnapdragon 778G、その他のモデルにはSnapdragon 8+ Gen 1が搭載されるとのことです。
 
Mate 50シリーズについては衛星通信に対応するという情報もあります。

5G通信にはケースで対応?

5G通信対応のSoCが使用できないことから、HuaweiはMate 50シリーズに5G通信に対応するためのケースを用意するとみられています。
 
ケースにはeSIMチップと5G通信用モデムが搭載され、P50 Pro用のものと同じく799元(約16,000円)で販売されます。
 
このケースは全部で3種類用意され、Mate 50の各モデルに装着可能です。Mate 50は全4モデルですので1種類足りませんが、1モデルが5G通信ケースに対応しないのか、あるいは寸法が同じモデルが存在するのかもしれません。

 
 
Source: Weibo via Gizmochina, Gizchina
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる