あまり知られていないMacのマルウェア対策ソフトが最近さらにアクティブになっている? - iPhone Mania
トップページ > Mac > あまり知られていないMacのマルウェア対策ソフトが最近さらにアクティブになっている?
2022年9月1日 17時54分

読了まで 159

あまり知られていないMacのマルウェア対策ソフトが最近さらにアクティブになっている?

mac セキュリティ


 
MacにはWindowsのような目に見えるウイルス対策ソフトは内蔵されていませんが、Appleは2009年のSnow Leopardから、macOSバージョンに初歩的なマルウェア対策機能XProtectを搭載し始めました。以来、macOSのマルウェア対策機能はますます強化されてきましたが、ここ数カ月の間に劇的な変化を遂げたことが明らかになりました。

内部ツールが商用アンチマルウェア製品のようなふるまいに

Eclectic Light Companyのハワード・オークリー氏は、macOSのマルウェア対策機能XProtectと、もうひとつの内部ツールMalware Removal Tool(MRT)のアップデートを追跡することを日課としていますが、Appleのマルウェア対策ツールにここ数カ月、かなりの変化があったようです。
 
「この6カ月の間に、macOSのマルウェア対策は、これまでの7年間よりも大きく変化しました」と、オークリー氏は記しています。「MacがCatalina以降であれば、多くの商用アンチマルウェア製品と同様に、完全に先制的に動作するようになっています

ユーザー活動が少ない時間帯に1日1回はマルウェアをスキャン

オークリー氏がスリープを無効にしたMacでXProtectアプリの活動を調べたところ、ユーザーの活動が少ない時間帯に少なくとも1日1回はほとんどの既知のMacマルウェアをスキャンしていることが明らかになりました。それ以上の頻度でスキャンを行うこともあり、スキャン頻度はケースバイケースで決定されているとのことです。
 
オークリー氏は、XProjectが1~2時間おきに“DubRobber”というマルウェアをスキャンしているのを確認したとのことです。一方、MRTは頻繁には実行されず、最も顕著に動作するのは起動直後であったそうです。
 
 
Source:Ars Technica
Photo:AppleInsider
(lexi)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる