iPhone14 Pro、マイクとカメラのインジケータ、カメラ操作ボタンが移動か - iPhone Mania
トップページ > iPhone14 Pro > iPhone14 Pro、マイクとカメラのインジケータ、カメラ操作ボタンが移動か
2022年9月1日 12時50分

読了まで 213

iPhone14 Pro、マイクとカメラのインジケータ、カメラ操作ボタンが移動か

iPhone14 Pro


 
iPhone14 Proシリーズではこれまでのノッチに代わり、新たにパンチホールが採用されると噂されています。
 
そのパンチホールに関する新たな情報を、米メディア9to5Macが報じています。

画面が点灯すると楕円形1個になるとの新情報

iPhone14 Proシリーズのフロントカメラシステムは、これまでのような切り欠き(ノッチ)ではなく、楕円形と円形を組み合わせた「i」型のパンチホール内に収められると長らく噂されてきました。
 
最新情報では、画面が点灯すると丸と楕円の間は点灯せず1つの楕円になるともいわれています。
 
米メディア9to5Macは、この楕円部分にマイクとカメラのインジケータが移動するとの新たな情報を伝えています。

オレンジと緑のインジケータが移動

iOS14以降を搭載した現行のiPhoneでは、iPhone上のアプリがマイクを使用している時は、右上のステータスバーにオレンジ色の点が、同じくアプリがカメラ単体またはカメラとマイクの両方を使用している時は、緑色の点が表示されます。
 
iPhone インジケータ
 
9to5Macが新たに入手した情報によると、iPhone14 Proシリーズでは、この2つのインジケータが丸と楕円のパンチホールの間にあるスペースに移動し、これまでよりもずっと見やすくなるとのことです。
 
iPhoneのインジケータをMacBookのインジケータ(緑のLED)のように見やすくするのがAppleの目標だと、9to5Macへの情報提供者は述べています。
 
またインジケータの位置を移動することで、オレンジと緑の点の同時表示が可能になります。現在はオレンジか緑のどちらかしか表示されません。

カメラ操作ボタンが画面上部へ移動する?

9to5Macはさらに、Appleはカメラアプリを再設計し、カメラ操作のボタンを画面上部へと移すことを検討していると報じています。
 
現在、カメラのフラッシュボタンとLive Photoボタンはステータスバー上にありますが、それ以外の操作は画面下で行う仕組みです。
 
カメラ操作関連ボタンをすべて上部に移動させれば、撮影対象物を表示する画面が大きくなると、9to5Macは指摘しています。同メディアが作成したイメージ画像がトップ画像です。

 
 
Source:9to5Mac,Apple
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる