2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPhone14 Proのi型パンチホールは画面が点灯すると長円に変化?

    iphone-14-pro-cutouts-active-display 2

    iphone-14-pro-cutouts-active-display 2
     
    iPhone14 Proシリーズi型パンチホールは、ディスプレイが点灯すると1つの長円になるとの噂があると、MacRumorsが伝えています。リーカーのShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)は、この噂に対して否定的です。

    フロントカメラ周辺の点灯しない部位が変化する?

    Weiboからの情報として、iPhone14 ProシリーズのフロントカメラおよびFace ID関連機構周り(以下、フロントカメラ周辺)のデザインが、ディスプレイ消灯時はi型パンチホールディスプレイが点灯すると丸と長円の間の領域は点灯せず、1つの長円になるとの噂があると、MacRumorsが紹介しています。
     
    同メディアによれば、Appleはフロントカメラ周辺のデザインを美しく仕上げるため、i型パンチホール周りの点灯箇所を状況に応じて変化させ、黒くなる部分の大きさ(ディスプレイ不点灯部)を変える可能性もあるとのことです。
     
    この噂には、リーカーのShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)が否定的な意見を述べており、同氏の予想ではディスプレイが点灯してもi型パンチホールのままの表示になる見込みです。
     
    ただし、同氏が投稿したiPhone14 Proのパッケージと封止シールの画像でも、フロントカメラ周辺のデザインは1つの長円になっていました。
     


     
     
    Source:MacRumors
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次