Anker史上最高のモバイルバッテリー搭載充電器かも〜733 Power Bank - iPhone Mania
トップページ > iPhone Mania 独自記事 > Anker史上最高のモバイルバッテリー搭載充電器かも〜733 Power Bank
2022年8月29日 18時45分

読了まで 425

Anker史上最高のモバイルバッテリー搭載充電器かも〜733 Power Bank

Anker 733 10000_5_3


 
Anker Japanが2022年8月29日に発売した、GaNPrimeシリーズのモバイルバッテリー搭載USB充電器「Anker 733 Power Bank(GaNPrime PowerCore 65W)」を試してみました。同製品の最大出力は、充電器として65ワット(W)、バッテリーとしても30Wと、これまでの製品を上回っています。
 
これにより、10,000mAhのモバイルバッテリーと、高出力USB-C充電器を1つにまとめることが可能になりました。

Anker 733 Power Bank(GaNPrime PowerCore 65W)の特長

Anker 733 Power Bank(GaNPrime PowerCore 65W)は、10,000mAhのバッテリーを内蔵した充電器です。
 
本製品には、2つのUSB-C端子と1つのUSB-A端子が搭載されています。
 
Anker 733 review_4_2
 
Anker Japanはこれまで、モバイルバッテリー搭載USB充電器として「Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 5000)」「Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000」「Anker PowerCore Fusion 5000」「Anker PowerCore Fusion 10000」「Anker PowerCore Fusion Power Delivery」を発売してきました。
 
Anker 733 Power Bank(GaNPrime PowerCore 65W、以下、Anker 733 Power Bankと記載)のバッテリー容量はAnker PowerCore Fusion 10000(バッテリー容量:9,700mAh)とほぼ同じ、出力はこれまで最大だった20Wを大きく上回る65Wです。
 
Anker_733_10000_2
 
Anker Japanより、Anker 733 Power Bankを試用する機会を頂きましたので、Anker PowerCore Fusion 10000と比べてみました。
 
▼ 各種仕様を比較
▼ これまでの製品で同等性能を得るには?
▼ Anker 733 Power Bankのパッケージ
▼ まとめ:おすすめの使用環境
 

各種仕様を比較

Anker 733 Power Bankの各種仕様を、Anker PowerCore Fusion 10000と比べてみます。
 

製品名 Anker
733 Power Bank
Anker
PowerCore
Fusion 10000
縦幅 111ミリ 82ミリ
横幅 63ミリ 82ミリ
厚さ 31ミリ 35ミリ
体積(試算) 約217平方センチ 約235平方センチ
重さ 約320グラム 約278グラム
バッテリー容量 10,000mAh 9,700mAh
バッテリー最大出力
USB-C 1
30W 20W
バッテリー最大出力
USB-C 2
30W
バッテリー最大出力
USB-A
22.5W 15W
充電器最大出力
USB-C 1
65W 20W
充電器最大出力
USB-C 2
65W
充電器最大出力
USB-A
22.5W 15W

 
Anker 733 Power BankとAnker PowerCore Fusion 10000のいずれも、複数の端子を使用した場合の出力は、1端子当たり15Wです。
 
ただし、Anker PowerCore Fusion 10000にはUSB-C端子は1つしかありません。
 
Anker_733_10000_1
 

これまでの製品で同等性能を得るには?

Anker 733 Power Bankのモバイルバッテリーおよび充電器としての性能を他の製品で得ようとすると、「Anker PowerCore 10000 PD Redux 25W」と「Anker PowerPort Ⅲ 2-Port 65W」の組み合わせなどが考えられます。
 
もしも両製品を持ち歩く場合、2つ合わせた重さは約330グラム、体積を試算すると合計231平方センチメートルで、Anker 733 Power Bank単体よりも重く、大きくなります。
 
よって、モバイルバッテリーと充電器をAnker 733 Power Bankにまとめると、高性能なAnker Japanの既存製品と比べても荷物が減り、軽くなります。
 
Anker PowerPort Ⅲ 2-Port 65Wは2つのUSB-C端子を搭載しながら、Apple 67W USB-C電源アダプタと比べて半分程度の大きさを実現した製品です。
 
よって、Apple純正電源アダプタで同じ充電器出力環境を整えようとすると、大幅に体積が増えます。それでいて、モバイルバッテリー機能はありません。

Anker 733 Power Bankのパッケージ

Anker 511 Power Bankのパッケージはシールで封止されていましたが、Anker 733 Power Bankのパッケージは、Apple製品のようなタブを引いて切るシールで止められています。
 
Anker 733 review_1
 
パッケージには、本体、USB-Cケーブル、収納ポーチ、取り扱い説明書が同梱されています。
 
Anker 733 review_3

まとめ:おすすめの使用環境

Anker Japanは、Anker 511 Power Bankの発売を通じて、iPhoneおよびiPad用充電器とモバイルバッテリーの2つを持ち歩く不便を解消しました。
 
筆者の環境では、Anker 733 Power Bank発売により、今後はMacBook AirやMacBook Pro用電源アダプタも持ち歩く必要がなくなりました
 
特に、MacBook ProおよびMacBook Airに高出力の給電ができるモバイルバッテリー搭載USB充電器は、これまでのAnker Japanの製品にもなかったものです。
 
筆者は今後、iPhoneとMacBook Proを持ち歩く際、MacBook Proの内蔵バッテリーのみで十分(電源アダプタ不要)な通勤及び日帰り出張の場合はAnker 511 Power Bankを、MacBook Proを充電する必要が生じる宿泊を伴う出張の場合は、Satechi 66W USB-C充電器とAnker PowerCore Fusion 10000を持ち歩くのをやめ、Anker 733 Power Bankだけにする予定です。
 
Anker_733_10000_3
 
 
参考ページ:Anker 733 Power Bank(GaNPrime PowerCore 65W)/Anker Japan
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる