トップページ > iM独自記事 > 【自費レビュー】Anker PowerCore Fusion 10000
2021年3月1日 14時45分

読了まで 422

【自費レビュー】Anker PowerCore Fusion 10000

Anker PowerCore Fusion 10000 review_10


 
Anker Japanが2021年1月26日に発売したモバイルバッテリー搭載USB充電器、「Anker PowerCore Fusion 10000」を自費購入しました。愛用している、他のAnker製モバイルバッテリー搭載USB充電器と比較してみました。

Anker PowerCore Fusion 10000について

Anker Japanが2020年11月に実施した、「モバイルバッテリー&充電器買い替えキャンペーン」で獲得した1,000円分のポイントを利用し、公式オンラインストアにて「Anker PowerCore Fusion 10000」を購入しました。
 
Anker Japanは2019年に、「Anker PowerCore Fusion 10000」の発売を予告しましたが、国内導入を取りやめ、中国のみでの展開としていました。
 
筆者は同製品の発売中止後、「Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000」と、「Anker PowerCore Fusion Power Delivery」を購入し、愛用しています。

 

パッケージと同梱品

 
Anker PowerCore Fusion 10000 review_11
 
「Anker PowerCore Fusion 10000」の同梱品は、USB-A & USB-C ケーブル、トラベルポーチ、取扱説明書です。

 

スペック

 
Anker PowerCore Fusion 10000 review_3
 
「Anker PowerCore Fusion 10000」は、USB-Cポート単体充電時に20ワット、2ポート同時充電時に15ワット出力が可能です。
 
本製品のUSB-Cポートは、「5V=3A」「9V=2.22A」出力に、USB-Aポートは、「5V=2.4A」出力に対応します。
 
本体サイズは縦82ミリ x 横82ミリ x 厚さ35ミリ、重量は約278グラムです。

 

他のAnker製モバイルバッテリー搭載USB充電器と比較 その1

 
Anker PowerCore Fusion 10000 review_14
 
「Anker PowerCore Fusion 10000」を、「Anker PowerCore Fusion 5000」「Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000」「Anker PowerCore Fusion Power Delivery」と並べてみました。
 
外装はつや消し仕上げで、「Anker PowerCore Fusion 5000」に近いものです。
 
4製品の本体サイズは、下記の通りです。
 

製品名 Anker
PowerCore
Fusion 10000
Anker
PowerCore
Fusion 5000
Anker
PowerCore Ⅲ
Fusion 5000
Anker
PowerCore
Fusion
Power Delivery
縦幅 82ミリ 72ミリ 78ミリ 85.5ミリ
横幅 82ミリ 70ミリ 71.5ミリ 81.5ミリ
厚さ 35ミリ 31ミリ 30ミリ 31.5ミリ
重さ 約278グラム 約189グラム 約176グラム 249グラム

 

他のAnker製モバイルバッテリー搭載USB充電器と比較 その2

 
Anker PowerCore Fusion 10000 review_13
 
「Anker PowerCore Fusion 5000」を除く3製品を重ねてみると、バッテリー容量が約半分の5,000mAhである、「Anker PowerCore Fusion Power Delivery」の大きさが目立ちます。

 

他のAnker製モバイルバッテリー搭載USB充電器と比較 その3

 
Anker PowerCore Fusion 10000 review_6
 
重量は「Anker PowerCore Fusion 10000」よりも約30グラム軽いとはいえ、大きさの割にバッテリー容量が小さいことから、最近は「Anker PowerCore Fusion Power Delivery」を持ち歩かず、「Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000」をメインに使用していました。

 

収納ケースについて

 
Anker PowerCore Fusion 10000 review_7
 
サードパーティーの収納ケースは、「Anker PowerCore Fusion Power Delivery」で使っていたものに、Anker製ケーブルと共にそのまま収納可能です。
 
筆者が愛用しているのは、内部寸法が横幅108ミリ x 縦幅85ミリ x 厚さ35ミリのものです。

 

バッテリーインジケーター

 
Anker PowerCore Fusion 10000 review_11
 
「Anker PowerCore Fusion 10000」のバッテリーインジケーターは、8つの白色LEDで充電状態を表示します。
 
バッテリーが100%充電された状態では、上記画像右側のように、インジケーターボタンを押すと8つの白色LEDが点灯します。

まとめ

Anker Japanは、「Anker PowerCore Fusion 10000」を使用し、iPhone12を2回以上フル充電できると案内しています。
 
現在筆者がメインで使っている「Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000」のバッテリー容量は4,850mAh、対して「Anker PowerCore Fusion 10000」のバッテリー容量は9,700mAhです。
 
iPhoneのみを持ち歩く場合は「Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000」で容量不足を感じることはありませんが、11インチiPad Proを充電しようとする際は容量不足を感じていました。
 
現在は、「iPhoneとAnker PowerCore Ⅲ Fusion 5000」「11インチiPad ProとAnker PowerCore Fusion 10000」の組み合わせで使用しています。
 
「Anker PowerCore Fusion 10000」はもともと2019年に発売予定の製品だったからか、外装などの仕上げや質感は2020年発売の「Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000」の方が優れているように感じます。
 
ただし、バッテリー容量が約2倍にも関わらず重量差はそれ以下であること、公式ストアでの販売価格も「Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000」の税込3,590円に対して税込4,790円と買いやすい価格であることなどから、組み合わせるデバイスや、求めるバッテリー容量にあわせて選択して後悔のない、良い製品と評価しています。
 
 
Source:Anker PowerCore Fusion 10000/Anker Japan
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる