Appleのセルフ修理プログラムは正しい方向性には違いない - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Appleのセルフ修理プログラムは正しい方向性には違いない
2022年8月25日 05時09分

読了まで 157

Appleのセルフ修理プログラムは正しい方向性には違いない

Apple-Self-Service-Mac-Repair-August-2022-hero


 
Appleの「セルフサービス・リペア・プログラム」は、デバイスの修理ガイドを提供するiFixitから、「むしろ修理しにくくしている」と辛辣な批判を受けました。しかしながら米メディアAppleInsiderは、それでも正しい方向に向かって動き出している、とAppleを擁護しています。

そもそも「修理する権利」を目指していない?

AppleInsiderによれば、Appleはセルフ修理プログラムでそもそも「修理する権利」の懸念に対処することを目的としておらず、熟練した顧客が自分の製品を修理するために純正部品や工具を注文できるようにした、というのが真相だそうです。
 
加えて、セルフ修理プログラムはAppleの正規サービスプロバイダや独立系修理プログラムに属していない技術者にも恩恵があるとされています。

バッテリーの交換しにくさは修理プログラムとは関係ない

iFixitが指摘しているように、AppleのMacBook Proのバッテリー交換はもっと簡単で低コストであるべきです。ただ、これはAppleの設計チームの問題であり、セルフサービス修理プログラムとは関係ない、とAppleInsiderは主張しています。
 
iPhoneバッテリーももっと簡単に取り換えることができれば良いのにと思うユーザーもいるかもしれませんが、Appleは耐久性と機能性を重視して製品をデザインしており、Nokiaの古い携帯電話のようにバッテリーが飛び出すiPhoneを作ったことはなく、これからも作ることはない、とのことです。
 
一般ユーザーが薄くて軽いデバイスを求めていることを考えると、どのようにして「修理する権利」を推し進めていくことができるのか、支持者はもっと具体的にその内容を定義すべきである、とAppleInsiderは結論づけています。
 
 
Source:AppleInsider
Photo:Apple
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる