2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Galaxy Z Fold4の省電力モードの仕組みが説明〜完璧とリーカーが評価

    Galaxy Z Fold4 official

    Galaxy Z Fold4 official
     
    リーカーのIce universe氏(@UniverseIce)が、Galaxy Z Fold4に搭載された省電力モードの仕組みを説明、これを高く評価しています。

    120Hzリフレッシュレートを維持、動作周波数を抑制

    Ice universe氏(@UniverseIce)によれば、Galaxy Z Fold4省電力モードでは、搭載されたSnapdragon 8+ Gen 1の動作周波数が低く抑えられるも、ディスプレイの最高リフレッシュレートは120Hzが維持されるとのことです。
     
    省電力モードにおけるSnapdragon 8+ Gen 1の動作周波数について同氏は、Arm Cortex-X2が2.82GHz、A710が2.57GHz、A510が1.67GHzに抑えられると述べています。
     
    その際のGeekbench 5ベンチマークスコアは、シングルコアが1,156、マルチコアが3,773になっています。
     
    各項目を、Snapdragon 8+ Gen 1の通常動作時のものと比較してみました。
     

    項目 Snapdragon 8+ Gen 1
    低電力モード
    Snapdragon 8+ Gen 1
    通常動作時
    CPUコア
    動作周波数
    Cortex-X2 x 1
    (@2.82GHz)
    Cortex-A710 x 3
    (@2.57GHz)
    Cortex-A510 x 4
    (@1.67GHz)
    Cortex-X2 x 1
    (@3.2GHz)
    Cortex-A710 x 3
    (@2.8GHz)
    Cortex-A510 x 4
    (@2.0GHz)
    Geekbench 5
    シングルコア
    1,156 1,311
    Geekbench 5
    マルチコア
    3,773 4,070

     


     
     
    Source:Ice universe(@UniverseIce)/Twitter, 省電力モードについて/Galaxy Mobile Japan
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次