Galaxy Z Flip4の初期レビュー、駆動時間延長と小型化が実現〜課題は?

    Galaxy Z Flip4 review_2

    Galaxy Z Flip4 review_2
     
    TechRadarが、発表されたばかりのGalaxy Z Flip4の初期レビューを報告、バッテリー駆動時間が長くなり、筐体は小型化して使いやすくなっているが何点か課題もあると伝えています。

    初期レビュー結果は?

    TechRadarはGalaxy Z Flip4の初期レビューにおいて、高評価な部分はバッテリー駆動時間が長くなり、筐体が小型化して使いやすくなったこと、課題はGalaxy Z Flip3からの変更点が少ないことと、販売価格の高さを挙げています。
     
    TechRadarによれば、今回の初期レビューでは試用機を外に持ち出すことが許されなかったとのことです。

    評価が高い部分

    Galaxy Z Flip4はGalaxy Z Flip3と同じサイズのディスプレイを搭載しているにも関わらず、外寸が小さくなっています。
     
    Galaxy Z Flip4 review_1
     
    また、メインディスプレイの最低リフレッシュレートは10Hzから1Hzになるなど、省電力化が進められています。
     
    Galaxy Z Flip4 review_6
     
    バッテリー容量自体も、3,300mAhから3,700mAhに増加しています。
     
    Galaxy Z Flip4 review_8
     
    ディスプレイの保護ガラスには新しい超薄型ガラス(UTG)が採用されており、耐擦過性が20%向上したとSamsungは発表しています。
     
    TechRadarは、ディスプレイ正面側からは折り目がほぼ見えず、指で触ってもそれを感じることがほとんどなかったと報告しています。
     
    Galaxy Z Flip4 review_5
     
    カメラについて、本体を折りたたんだ状態で撮影する「フレックスカメラ」機能では、ディスプレイ上部にプレビュー、下部に操作部が表示されるのは折りたたみスマホを活かすもので便利と、同メディアは評価しています。
     
    Galaxy Z Flip4 review_3

    期待はずれだった点

    対して、Galaxy Z Flip4の販売価格は、折りたたみスマホの普及を図るためにGalaxy Z Flip3よりも安くなると噂されながら、そうならなかったのは残念な点とTechRadarは述べています。
     
    Galaxy Z Flip4 review_9
     
    ただし、それであっても縦に折りたたむスマホの中でお買い得な機種には違いないというのが、同メディアの評価です。
     
    Galaxy Z Flip4 review_4
     
    Galaxy Z Flip4 Bespoke Editionでは複数のフレームカラーとパネルカラーを組み合わせて、自分だけのモデルを作り上げることができますが、日本で提供される可能性は低そうです。
     
    Galaxy Z Flip4 review_7
     
    小型化したとはいえ、デバイス全体の雰囲気はGalaxy Z Flip3に似ており、機能面でもGalaxy Z Flip3のユーザーが引け目を感じるほどの違いはないと、TechRadarは述べています。
     
    このことは、SamsungがGalaxy Z Flip5で大きな改善を行う余地を残しているとも考えられると、同メディアは次期モデルでの大きな改良を予想しています。
     
     
    Source:TechRadar
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次