Samsung、依然として折りたたみスマホ市場で一人勝ちも背後に中国メーカーの影

    Galaxy Z Flip3の画像

    Galaxy Z Flip3の画像
     
    以前から折りたたみスマートフォン市場で高いシェアを誇っているSamsungが、2022年第2四半期(4月〜6月)も50%以上の高いシェアを維持したことがわかりました。
     
    ただ、背後には中国メーカーの影が迫っています。

    2022年第2四半期も折りたたみスマホ市場で圧勝のSamsung

    調査会社のStrategy Analyticsによると、Samsungは2022年第2四半期の折りたたみスマートフォン市場において過半数以上のシェアを獲得しました。
     
    2022Q2のメーカー別折りたたみスマホシェア
     
    Samsungは2021年に87%のシェアを獲得するなど、この市場で圧倒的な強さを誇っています。
     
    新製品のGalaxy Z Fold4/Flip48月10日に開催予定の「Unpacked」イベントで発表されるといわれており、さらにこの立場を盤石にする構えです。

    中国メーカーが背後に迫る

    しかしながら、Samsungの背後には中国メーカーが迫っています
     
    HuaweiとHONORは中国市場でSamsungからシェアを奪うことに成功しており、OPPOやvivoも新製品を発売予定です。
     
    ただ、折りたたみスマートフォンは依然として高価であり、このことが成長を制限しているとStrategy Analyticsは指摘しています。
     
    一方、Appleの折りたたみスマートフォンは2025年に発売されるといわれており、この市場へのiPhoneの参入はしばらくなさそうです。

     
     
    Source: Strategy Analytics
    Photo: Samsung
    (ハウザー)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    本職はSoCの設計者。このためPCやスマホのHW/SW両方に造詣が深く、その知見に基づいた記事を執筆している。スマホ歴はiPhone4→(Android)→iPhone XR→13 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次