Google、スマートスピーカーの特許侵害でSonosを提訴〜クロスライセンス狙い? - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Google、スマートスピーカーの特許侵害でSonosを提訴〜クロスライセンス狙い?
2022年8月9日 08時32分

読了まで 154

Google、スマートスピーカーの特許侵害でSonosを提訴〜クロスライセンス狙い?

Googleのロゴ


 
Googleがスマートスピーカーに関する特許をめぐり、Sonosを提訴しました。
 
Googleは以前、Sonosからの訴訟で敗訴し自社製スマートスピーカーの機能を制限されています。

ホットワード検出に関する特許侵害で訴訟を起こす

The Vergeによると、Googleは同社のスマートスピーカーに関する7つの特許を侵害したとして、Sonosに対して2つの訴訟を起こしました
 
特許侵害を訴えている内容の多くは「OK, Google」、「Hey, Siri」、「Alexa」に代表されるホットワード(ウェイクワードとも)の検出に関するものです。
 
たとえばホットワード検出とワイヤレス充電に関する特許や、複数のスマートスピーカーがある場合のホットワード検出に関する特許が含まれています。
 
Googleはさらに、Sonos製品の輸入禁止をアメリカ国際貿易委員会(United States International Trade Commission)に求める予定です。

Sonosに敗訴したGoogle

Googleは以前、Sonosからの特許侵害に関する訴訟で敗訴しており、グループ化されたスマートスピーカーの音量調整を一括しておこなえなくなるなど、機能制限をせざるを得ませんでした。
 
今回の訴訟でGoogleが勝利した場合、Sonosも同様に機能制限の適用を余儀なくされるかもしれません。
 
あるいは、GoogleとSonosがクロスライセンスを締結し、Google側の機能制限が解除される可能性もあるでしょう。
 
消費者としては後者を期待したいものです。

 
 
Source: The Verge via 9to5Google
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる