新型MacBook Airを3種類の純正電源アダプタを用いて充電速度比較〜結果は?

    M2 MacBook Air midnight

    M2 MacBook Air midnight
     
    Macworldが、M2チップを搭載する新型MacBook Airを、「30W USB-C電源アダプタ」「デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタ」「67W USB-C電源アダプタ」を用いて充電した際の時間を比較しました。

    30ワット、35ワット、60ワット電源アダプタを用いて比較

    比較実験では、M2チップを搭載する新型MacBook Airのバッテリー残量を1%になるまで放電した後、付属のUSB-C to MagSafeケーブルと、「30W USB-C電源アダプタ」「デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタ」「67W USB-C電源アダプタ」の3種類の純正電源アダプタを使用して、満充電までの時間を計測しました。
     
    結果は、以下の通りです。
     

    • デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタで、iPhone13と新型MacBook Airを同時充電:約210分
    • 30W USB-C電源アダプタ:約140分
    • デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタ単独充電:約120分
    • 67W USB-C電源アダプタ:約100分

     
    67W USB-C電源アダプタの充電開始からバッテリー残量80%までの増加率は、他の電源アダプタと比べても圧倒的です。80%以降は保護充電に移行するからか、増加率が緩やかになっています。
     
    M2-MBA-power-adapters-compared

    おすすめの電源アダプタは?

    それぞれの純正電源アダプタについてMacworldは、30W USB-C電源アダプタも悪くはないが、新型MacBook Airの本体価格を考えれば他の2つの電源アダプタとの価格差は小さいので、積極的に選ぶ理由がないと評価しています。
     
    デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタは通常、2つのUSB-Cポートに17.5Wづつ給電されますが、Apple WatchやAirPodsの充電ケースなどの場合は7.5W給電になり、残りのポートには27.5W給電されるとMacworldは説明しています。
     
    この電源アダプタは1ポートだけ使用すればそれなりに充電も速く、iPhone用など電源アダプタの2台持ちが解消されるので、良い選択肢と同メディアは述べています。
     
    67W USB-C電源アダプタを使った充電では、30分の充電でバッテリー残量50%まで回復、これは作業時間5時間〜6時間に相当することから、高速充電のメリットを十分に感じられるとMacworldは高く評価しています。
     
    ただし、同電源アダプタは重くて大きいため、デュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタが最もバランスの優れた製品というのが、今回の比較実験を通じたMacworldの結論です。
     
    Apple charger
     
     
    Source:Macworld
    Photo:Apple
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次