iOS16の新機能ライブアクティビティ、開発者向けAPIがリリース - iPhone Mania
トップページ > iOS > iOS16の新機能ライブアクティビティ、開発者向けAPIがリリース
2022年7月28日 10時28分

読了まで 149

iOS16の新機能ライブアクティビティ、開発者向けAPIがリリース

WWDC22 iOS16 ライブアクティビティ Live Activity


 
Appleは開発者向けにリリースしたiOS16ベータ4で、ロック画面にインタラクティブに情報を表示できる新機能「ライブアクティビティ」にアプリ対応するためのActivityKitベータの提供を開始しました。

ロック画面にリアルタイム情報を表示

6月の世界開発者会議(WWDC22)で発表されたiOS16では、ロック画面に配車サービスやデリバリーサービスの到着時間、スポーツの試合速報などをリアルタイムに表示できる「ライブアクティビティ」が追加されます。
 
WWDC22 iOS16 ライブアクティビティ Live Activity
 
iOS15以前でも、音楽などの再生中にロック画面で一時停止やトラックのスキップ操作ができますが、ライブアクティビティによりアートワークを大きく表示可能になりますす。
 
WWDC22 iOS16 ライブアクティビティ Live Activity
 

開発者向けにAPIのベータを提供開始

AppleはiOS16ベータ4の開発者向けリリースと同時に、アプリをライブアクティビティに対応させるのに必要なAPI「ActivityKit」ベータを提供しました。
 
ライブアクティビティはActivityKitまたはプッシュ通知によってアップデート情報を受け取っており、ウィジェットの情報更新とは仕組みが異なります。
 
Apple ActivityKit ベータ
 

iOS16の公開当初は利用できず

Appleはライブアクティビティについて、今秋のiOS16公開当初には利用できず、アップデートにより2022年内に利用可能になる、と案内しています。
 
Apple iOS16 プレビュー ライブアクティビティ Live Activity
 
 
Source:Apple via MacRumors
Photo:Apple
(hato)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる