Microsoft、Windows 11 22H2でなぜか起動音の音質を下げる - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Microsoft、Windows 11 22H2でなぜか起動音の音質を下げる
2022年7月27日 14時41分

読了まで 27

Microsoft、Windows 11 22H2でなぜか起動音の音質を下げる

Windows 11 22H2のロゴ


 
誰もが当たり前のように聞いているOSの起動音ですが、Windows 11の起動音の音質がなぜか次期バージョンで下げられるそうです。
 
ビットレートが33%低くなるようですが、その理由は明らかにされていません。

起動音のビットレートが2,304kbpsから1,536kbpsに低下

TwitterユーザーのXeno氏(@XenoPanther)は、Windows 11の起動音の音質が次期バージョンの22H2(Sun Valley 2)で現行バージョンよりも下げられていることを発見しました。
 


 
Windows 11の起動音は、すでにお使いの方にはおなじみのこの音です:
 

 
この音を収録したオーディオファイルのビットレートが、現行バージョンの2,304kbpsに対して22H2のリリース候補であるBeta Channelのビルド22621では1,536kbpsと約33%低下しています。
 
単に音質が下がっただけでなく、波形を確認すると音が出始めるタイミングが少し遅くなったようです:
 
Windows 11の起動音の波形比較

起動音がハイレゾでなくなる?

今のところMicrosoftが起動音のオーディオファイルを変更した理由は不明です。
 
2,304kbpsはステレオ音源の場合48kHz/24-bitのWav形式オーディオファイルに相当し、ハイレゾ品質といえます。
 
一方、1,536kbpsは48kHz/16-bitに相当し、CDよりも少しだけ音質がよいビットレートです。
 
ただ、一般的なPCのスピーカーではこのビットレートの差を聞き分けるのは難しいでしょう。

 
 
Source: Xeno/Twitter via Neowin
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる