サブスク事業への移行でAppleは3兆ドル企業になる〜モルガン・スタンレー - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > サブスク事業への移行でAppleは3兆ドル企業になる〜モルガン・スタンレー
2022年7月21日 20時50分

読了まで 150

サブスク事業への移行でAppleは3兆ドル企業になる〜モルガン・スタンレー

Apple ロゴ Peek Performance


 
Appleが現在のハードウェア中心のビジネスモデルから、サブスクリプションサービスなどへと比重を移していくことで、時価総額は3兆ドルに達すると、モルガン・スタンレーのアナリストが顧客向けのメモにおいて述べています。

サービス事業に軸足を移すことで時価総額3兆ドルに

Appleのサービス事業は年々成長を続けていますが、同社の売上の中心がiPhoneなどのハードウェア事業であることに変わりはありません。
 
しかし今後、サービス事業へと軸足を移していくことにより、株価は200ドルを超え、時価総額は3兆ドル以上になるというのが、モルガン・スタンレーの見方です。

インストールドベースを最大限にマネタイズするビジネスモデルへ

同社のアナリストであるエリク・ウッドリング氏は「Appleのビジネスモデルは、ハードウェアの出荷台数を最大限に伸ばすというものから、インストールドベースを最大限にマネタイズする方向へ移行しつつある」と述べ、AppleがiPhoneの販売台数を報告するのをやめ、サービス売上とインストールドベースの数字を発表するようになった理由のひとつは、このビジネスモデルの変化にある、としています。
 
ウッドリング氏によれば、AppleユーザーがAppleの製品もしくはサービスに1日2ドルを費やせば時価総額3兆ドルは実現するとのことで、米国のiPhoneユーザーについてはすでに「1日2ドル」は達成されているのだそうです。
 
実際Appleは、2022年1月3日に、短時間ながら時価総額3兆ドルを達成しています。

 
 
Source:Bloomberg
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる